OCNプロバイダ即日発行

IPv4 over IPv6とは?(ChatGPT)

52 views

IPv4 over IPv6とはIPv6のネットワーク上でIPv4による通信を可能にする方式です。

  • IPv4 over IPv6は、IPv6ネットワーク上でIPv4通信を可能にするための手法です。
  • IPv6ネットワーク環境でIPv4デバイスやアプリケーションが引き続き使用できるようにします。
  • IPv4 over IPv6は、IPv4アドレス枯渇問題に対処しながらIPv6への移行を促進します。
  • トンネリング技術を使用してIPv4トラフィックをIPv6パケットにカプセル化します。
  • 送信側はIPv4データをIPv6パケットに変換し、IPv6ネットワークを経由して送信します。
  • 受信側はIPv6パケットを受け取り、内部のIPv4データを抽出して処理します。
  • IPv4 over IPv6では、デュアルスタック環境が必要であり、IPv4とIPv6の両方のプロトコルをサポートする必要があります。
  • NAT64(Network Address Translation 64)やDNS64といった補完技術を使用することがあります。
  • NAT64はIPv6とIPv4ネットワーク間のアドレス変換を行い、IPv6デバイスがIPv4リソースにアクセスできるようにします。
  • DNS64はIPv6ネットワーク内のデバイスがIPv4アドレスを解決するためのDNSクエリ変換を担当します。

(ChatGPTより引用)

法人向けインターネット接続サービス
OCN光フレッツIPoEの詳細はこちら

関連記事