OCNプロバイダ即日発行

光回線事業者とプロバイダの違い

110 views

回線事業者とプロバイダ(インターネットサービスプロバイダ)の違いは次のとおりです。

  1. 回線事業者(ネットワーク事業者)
    • 回線事業者は、インターネット接続に使用される基盤となる物理的な通信回線を提供します。
    • 主にケーブル、光ファイバーなどのインフラストラクチャーを整備し、利用者やプロバイダにその回線を貸し出します。
    • これにより、利用者がインターネットに接続できるようになります。
  2. プロバイダ(インターネットサービスプロバイダ)
    • プロバイダは、回線事業者が提供するインターネット回線を利用して、利用者にインターネットアクセスを提供します。
    • インターネットへのアクセスを可能にするために、プロバイダは回線を購入し、それを顧客に販売します。
    • プロバイダは、通常、インターネット接続、電子メール、ウェブホスティング、ドメイン登録などの追加サービスを提供します。

簡単に言えば、回線事業者は物理的なインフラを提供し、プロバイダはそのインフラを使って利用者にインターネットサービスを提供する役割を果たしています。

ChatGPTより引用

光回線やプロバイダは種類が多いので、選ぶのに困りますよね。

関連Page

NTTフレッツ光のお申込みはこちらから

プロバイダはOCNがオススメ

関連記事